読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day-to-day Note

日々の生活の中で、感じたままをブログにしています。

ブログって、どう使う使えばいいのだろうか?

ブログは、結局は何かのツールなんだ!

ブログを知ったのは、15~16年前です。無料でブログを使えるサイトがいろいろあり、興味本位で登録したものでした。

数個の話題を投稿してみるが、すぐにネタ切れ。個人的な趣味と思うのですが、ブログの背景などのデザインをいろいろ変えてみたり、フォントなどをいじくってみたり、ブログの機能と遊んで、そのままになってしまう。

 

「私はブログを、どう使うんだろうか?」という問題にぶつかって、ブログを書くことが難しくなってしまう。

個人の方のブログを見ていると、実生活の部分で話題が豊富にあるブログ、っていうか、自分の生き方がしっかりしていて話題がある素直にブログになっているような感じがする。私のような無趣味のサラリーマンはどうだろうか?会社の話題をブログにしても面白くないし・・・・。あるサラリーマンの方が昼食についてブログにされていたのを読んだことがあったが、しばらくは興味があったが、そのうち変化がなくなり、読むのを止めてしまった。

 

ブログは、人に読まれることが前提にある。そのことを意識する必要はないが、ブログって、情報の発信であることには違いない。

自分の情報を発信するツールである。

 

「どのように使えばいいのだろうか?」と言う問いに対しては、「何を書きたいのか?」で答えを見つけ、ブログのタイトルを決める。私のブログは「Day-to-day Note」で、日々の出来事をメモして行こうという抽象的な意味でつけた名前であるが、本来はコンテンツを絞って書けばいいのだろうが、しばらくは日々のことをメモっていこう。

 

このHatena Blogは、日記ののようなブログに出会うことが少ない。なにか意見を持った人のブログが多いように思う。

そこは大事なことだと思う。「朝起きて、〇〇をして、昼は〇〇〇を食べました」的なブログも親しみやすくていいが、何を言いたいのか一本筋(テーマ)のあるブログにしたい。

 

まとめ

結局、「私はブログを、どう使うんだろうか?」と言う答えも見つからないし、私の何かのツールにもならないようです(笑)